葬祭費給付金制度について

葬祭費給付金制度とは 故人が国民健康保険や後期高齢者医療制度(75歳以上)に加入していた場合、葬儀をした方(喪主)がお葬式が終わった後に、役所や保険の事務所に申請すると、「葬祭費」という名目で補助金が受け取れる制度のことです。 また、社会保険に加入している場合は「埋葬料」として一律5万円を受け取る事ができます。

受取可能な方の条件 故人が健康保険などの加入者であれば、どなたでも受け取ることは可能です。申請期間を過ぎると受け取れませんので、ご注意ください。

■葬祭費用補助金制度の例 (稲敷市・稲敷郡美浦村の場合)

国民健康保険給付金の金額:葬祭費として5万円
申請期限:2年

申請先 提出書類
稲敷市 稲敷市役所保険年金課 ●亡くなられた方の国民健康保険被保険者証
●高齢受給証(対象者のみ)
●葬祭を行った方が確認できる書類(会葬礼状、火葬・葬儀の領収書等)
●葬祭を行った方の認印および振込先金融機関の口座番号が確認できるもの
●葬祭を行った方の印かん(朱肉を使って押印する印かん。スタンプ式のものは不可)
●免許証等本人確認ができるもの

【ご注意】お勤めされていた会社の健康保険の被保険者(本人)が、その資格を喪失してから3カ月以内に死亡した場合など、他の健康保険から葬祭費に相当する給付が受けられるときは、国民健康保険から葬祭費は支給されません。
稲敷郡美浦村 美浦村役場国保年金課

後期高齢者医療制度(75歳以上の方)
申請先 提出書類
稲敷市 稲敷市役所保険年金課 ●亡くなった方の後期高齢者医療被保険者証
●介護保険被保険者証など役場から発行している証書
●葬祭を行った方の氏名が記載された葬儀費用の領収書
(領収書に葬祭を行った方の氏名が記載されていない場合は、会葬礼状など葬祭を行った方の氏名が分かる書類をあわせてお持ちください。)
●葬祭を行った方の印かん(朱肉を使って押印する印かん。スタンプ式のものは不可)
●葬祭を行った方の銀行口座番号
●免許証等本人確認ができるもの
稲敷郡美浦村 美浦村役場国保年金課

社会保険 ※埋葬料を受けられる方がいない場合は、実際に埋葬を行った方に、埋葬料(5万円)の範囲内で実際に埋葬に要した費用が「埋葬費」として支給されます。
申請先 提出書類
勤務先もしくは全国健康保険協会の各支部 申請書、事業主の証明もしくは死亡診断書の写しなど死亡の事実が確認できる書類