はじめて喪主・ご遺族になられる方へ

はじめて喪主・ご遺族になられる方へ危篤・臨終時の訃報連絡に始まり、葬儀後の対応まで、喪主・遺族には行うことがたくさんあります。
ここでは、いざ自分が喪主・遺族の立場となったときに知っておきたいことをご紹介します。
※一般的な葬儀(仏式)をご紹介しております。詳細に関しましては、地域・宗派によって異なる場合がございます。

危篤の知らせ~臨終に際して

病院で亡くなった場合、まず何をすれば良いのでしょうか?
故人様を安置できる場所へ搬送するための車を手配します。
病院で亡くなった場合、まず何をすれば良いのでしょうか? ご自宅または、安置施設のある葬儀式場などへ搬送する車を手配します。ご自宅へお帰りの場合はお布団などの準備をします。
病院で葬儀社を手配してくれたのですが、断ることはできるでしょうか?
故人様をお迎えに来た葬儀社に「搬送だけで」と言えば大丈夫です。
とりあえず搬送だけお願いし、後のことは安置後に落ち着いて考えることも可能です。
在宅医療中に亡くなった場合、どうすればいいのでしょうか?
かかりつけの医師へ電話を。
かかりつけの医師がいる場合は連絡します。急死の場合は119番に連絡し、救急隊員・警察官の指示を受けます。

ご安置場所への搬送

自宅に安置する場合は何が必要でしょうか?
お寝かせする部屋とお布団の準備が必要です。
自宅に安置する場合は何が必要でしょうか? お部屋の片付けと寝かせるお布団の準備が必要です。お線香の準備等は稲敷葬儀情報センターにて行います。 お部屋の片付けが間に合わない場合は、一旦当社にてお預かりして、準備完了後ご自宅へ搬送し安置することも可能です。
自宅に安置できない場合は?
葬儀式場または葬儀社の安置施設へ安置します。
聖苑香澄、うしくあみ斎場等の公営斎場は安置可能時間が限られていますが、葬儀社の式場、安置施設では24時間安置が可能です。稲敷葬儀情報センターでも24時間安置可能ですので、ご相談ください。
自宅の神棚と仏壇はどうすれば?
神棚は白い紙を貼り「神棚封じ」をします。
白い紙を神棚の前に貼り、四十九日まで封じておきます。仏壇の扉は開けておいても良いのですが、「しばらく新しい仏様の面倒をみるのでごめんなさい」という意味で葬儀が終わるまで閉じておくこともあります。

ご安置・お寺などへの連絡

菩提寺が遠方の場合どうすれば?
事前に菩提寺と相談しておくと良いでしょう。
菩提寺やお墓が遠い場合どうすれば? 近県なら来てくれる場合もありますが、前もって相談しておくのが良いでしょう。遠方で来られない場合は、俗名(もとの名前)で葬儀を行い、四十九日法要にあわせて菩提寺より戒名を頂いて納骨する場合が多いです。遠方から菩提寺がきてくれる場合は「御布施」と別に「御車代」をお包みし、宿泊が必要な場合はホテル等宿泊先を手配します。
お寺を頼まずにお葬式はできますか?
「お別れ会」などとして行う事ができます。
「無宗教葬」「お別れ会」としてお葬式を行う事ができますが、菩提寺にお墓がある場合などは納骨が難しくなる場合がありますので、葬儀社とよく相談の上行いましょう。
付き合いのあるお寺がない場合どうすれば?
葬儀社が対応・紹介します。
お寺の手配・段取りの打ち合わせをいたします。決まった宗派があれば事前にお伝えください

葬儀内容のお打ち合わせ

葬儀の日程と式場はどのように決めるのですか?
関係各所の都合を総合的に判断し決めていきます。
日程は、ご家族の希望・お寺の都合・火葬場・式場の空き状況等を考慮し、お決めする事となります。
遺影写真はどんなものを?
ピントが合った本人らしいものをご用意ください。

遺影写真はどれを選べば? 写真はその人らしさが伝わる大切なものです。最近のものから選ばなくても、元気だった頃の写真の方がその人らしさや人柄が伝わります。

写真は引き伸ばして使用しますので、顔が親指の大きさ以上できちんとピントが合っているものが望ましいです。背景や洋服は修正、着せ替えが可能です。候補を何枚か用意し、ベストなものから選びます

喪主は誰がやれば良いのですか?
家族の中で最も縁が深い人が務めます。
昔は家を継ぐ人が喪主となるのが一般的でしたが、現在では一番近くで寄り添っていた配偶者や子供・孫だったりなど、故人様と最も「縁が深い人」が喪主を務めるようになっています

納棺からお通夜、告別式

納棺はどうすればいいの?また、お棺にはどんな物が入れられますか?
ご家族に立ち会って頂き、スタッフと共に納棺を行います。

納棺はどうすればいいの? 故人様をお棺に納める際はご家族様と一緒にスタッフが行います。ご家族様にも少し納棺のお手伝いをして頂きます。服装は平服で構いません。

お棺の中には焼却が容易な物であれば大丈夫ですが、お納め出来ない物もございますのでスタッフにご相談下さい。

家族に妊婦がいる場合は参列させない方がいいのですか?
無理をしない範囲なら参列してもいいでしょう。
特に決まりはありませんが、昔から「縁起が悪いからダメ」と言う人もいれば、「おなかに魔除けの鏡を入れれば大丈夫」と言う人もいます。いずれも体を気遣うための迷信だと思われます。最期のお別れですので、無理をしないよう気を付けて参列すれば問題ないと思います。
出棺のときの挨拶は何を話せばいいですか?
例文もありますが、素直な気持ちを自分の言葉で話しましょう。
葬儀社の用意する例文もありますが参考程度にし、素直な気持ちを自分の言葉で話しましょう。内容は、亡くなるまでの経過、故人の人生や人柄、故人への思い、参列者へのお礼を述べます。話す時間は2~3分が目安です。

ご葬儀後の流れについて